スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

守りの流れについて



守りの基本は穴を作らないことと、シフトして守りを厚くまたは穴をふさぐことだと自分は考えています。

■序盤

詰めるか、強ポジで穴を作らないかの二つをまず考えています。
そして、死なないこと意識します。
死なないことを意識しすぎて連携がおろそかになるのはいけませんが。。。
あと、空爆でキルを取るといったのも意識できるとさらにいいと思います。

・詰めることについて
 ここで意識しているのは、無理をしすぎないこと同じことを連続ラウンドで行わないといっ たことです。

 詰めてポイントを制圧したほうが敵の行動を制限できたりといいことがある反面、リスクが 大きいです。
 意表をついた詰め、連携のある詰めが大切だと思います。

・強ポジでの守り
 ここで意識していることは、カバーとシフトもしやすい位置。
 できれば逃げやすい、持ちこたえやすい位置も意識します。

 シフトスピードを上げることで守りがスムーズに行え、カバーが入りやすいことでキルを取 らせない、キルを 取るといったことができるようになると思います。


■中盤

明確にどれくらいがありませんが、便宜上中盤として書いていきます。

中盤になると、味方がキルを取られて穴ができる、ある程度的の位置が分るといった場面ではないかなと思います。
となると、シフトをしていく必要性が出てきます。
適切なシフトをして、終盤に備えます。

ここでも、詰めるか堅実にいくかで分かれると思います。

しかし自分は堅実に行きたいタイプです。
むやみに詰めて穴を作ると危ないので、その危険は避けたいからです。
ただし、形勢を逆転させるために意表をつくといったことはします。

あとは人数不利な場合の守りです。
これに関しては、分散させるより片方の設置ポイントを捨てて、片方を固めます。
分散させると、1対多人数の場面を作りやすくなるので、集めたほうがいいと思っています。


■終盤
ここでは、ポイントの死守もしくは、取り返しです。

・ポイント死守
 意識していることはポイントにいた場合、味方のシフトまで耐えることと、できるだけキルを取ることです。
 シフトして向かうときあ最速でカバーに入ることです。
 ただこれだけです。

・取り返し
 取り返しは、連携を意識して敵を殲滅、もしくは解除の時間を稼ぐことをします。
 ここで重要なのはグレです。グレをうまく使うことで、優位な場面に立てることがあります。


以上が、守りの流れで意識していることです。

しかしこれだけではありません。

臨機応変に対応していく必要があります。
あとは自分の読みといったことを上乗せしてけばいいかなと思います。



 





スポンサーサイト
プロフィール

ちゃんぽん大盛

Author:ちゃんぽん大盛
-PC周り-
Mouse:SteelSeries XAI
Pad:Steelseries QCK heavy
KeyBoard:REALFORCE91UBK
Headset:SteelSeries7H

■CS:GO
Name:Tyanon.

■AVA
Name:ちゃんぽん大盛
Clan:抜刀
-MainWeapons-
RM:SA58PARA
SR:PGM
PM:SR2Mヴェレスク

■カスタム

■環境設定


■動画
youtube動画

CW動画


■ARグレ
DUAL SIGHT
HOMMER BLOW
FOX HUNTHIG
BLACK SCENT
AIR PLANE
CANNON


■メンバー限定

アクセスカウンター
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。